引っ越し費用が出ない

夢のマイホームの住宅ローンがなかなか返済できない場合、債権者が裁判所に競売の申し立てを行なうと、入札期間に入札が行われ、最低落札価格を満たした中で最も高い金額を付けた人を落札者とします。

 

落札後は立ち退きをしなければならない

策札者が決まれば、夢のマイホームの所有権は債務者であるマイホームの主から競売の落札者に移りますので、「旧」マイホームの主は速やかに立ち退きをしなければなりません。

 

他人の家を占拠しているのは、まぎれもない不法占拠ですので。

 

引っ越し費用は出ない

競売が完了すると基本的には即刻立ち退きを求められますので、家財道具などを持って。立ち退きをしなければなりません。自分でトラックを手配して全部自分で運搬するのであれな話は別ですが、大概の人は引っ越し業者にお願いをするでしょう。

 

マイホームの処分方法として他に任意売却という方法があるのですが、任意売却は引っ越し費用を負担してもらえるケースが多いのに対して、競売の場合は引っ越し費用は一切出されないのが普通です。

 

ただでさえお金がないのに、決して安くはない引っ越し費用まで自腹で支払うとなると、新生活のスタートの前に新たな借金をこさえる可能性も少なくありません。

 

そのような何らかの事情で借金を抱えてしまって返済ができなくなる方も多いです。もし借りたお金の返済ができないのであれば、裁判などとなる前に返せない借金の整理を進めるようにしてください。