住宅ローンの返済とマイホームの競売

一生で最も大きな買い物である夢のマイホームですが、せっかくマイホームを手にしても手放す人が少なくありません。住宅ローンの返済に苦しんだ挙句の苦渋の決断ですが、その方法として「競売」があります。

 

ちなみに法律用語では、競売は「きょうばい」ではなく「けいばい」と読みます。競売とは、借金を返済できなくなった人の土地や建物を裁判所が強制的に売却する行為のことですが、具体的にはどのような流れになるのでしょうか。

 

 

住宅ローンの滞納、そして分割払いの権利喪失

まず最初に、夢のマイホームを手にしたはいいものの、何らかの事情で住宅ローンの返済が思うように進まない人がいます。すると債権者(住宅ローンを提供している銀行など)から債務者(住宅ローンを利用している人)に対して、督促状や催告書などのお知らせの手紙が届きます。

 

具体的に、いくらいくら滞っていますよと通知されてきます。通常、住宅ローンを延滞してから3か月から半年ほどして、「期限の利益の喪失」を知らせる手紙が届きます。これは何かというと、債権者が住宅ローンを分割払いできなくなることです。

 

競売開始までの大まかな流れ

基本的には債権者に保証会社が代位弁済をしたのち、保証会社が債務者に対して返済を求めていきます。この時点で債権者は銀行などから保証会社に移るわけですが、債権者は一括での返済を求めてきますので、それが無理だと分かると債権者が競売の申し立てを行います。

 

競売の申し立てがあった時点で、債務者は勝手に家を売却することはできなくなります。競売の申し立てが行われると、裁判所から執行官が自宅にやってきて、競売予定の物件の調査を行っていきます。

 

それが終わると、裁判所から競売が行われる入札期間を知らせる通知が届きます。この際、あらかじめ最低売却価格が裁判所によって決められますので、異常に安く買いたたかれることはありません。

 

そして競売へ

そして競売の入札が行われますが、競争入札ではありませんので、開札日になって落札者が決定します。最低落札価格は市場価格の5割から7割程度に設定されることが多いのですが、実際の落札価格はそこよりももう少し高い8割前後で落札される傾向が多いようですよ。

 

市場価格が2000万円のマイホームですと、落札価格は1600万円程度が予想されるわけですね。落札者が決定すると、その家の所有者は債務者ではなく落札者となりますので、速やかに債務者は立ち退かなければなりません。

 

住宅ローンも借金の一部であることには変わりはありませんので、返済ができなくなりそうと感じるのであれば、問題が大きくなってしまう前に借金の返済を放置しないようにしなければなりません。

 

また、返済金が必要だからと闇金融等からお金を借りることも絶対に避けるべきで、更に問題を大きくしてしまうだけなので気をつけてください。

 

闇金を使用せずに済むような生活を

闇金を使用してしまうのは、騙されたからというのももちろんありますが、やむを得ず危険を承知の上という場合も多いようです。

 

様々な理由があって申し込みブラックという状況に陥ってしまうと、お金を貸してくれるものは闇金しかなくなるので、どうしてもお金が必要な時は高いリスクがあることをわかっていても、利用に踏み切るしかないのだということですね。

 

つまり闇金の被害を受けないためには、それ以外にお金を貸してくれるものがない、申し込みブラックの状態を避けることが大切との結論を導き出すことができます。そして申し込みブラックにならないようにするには、自己管理をしっかりすることが重要だといえるでしょう。

 

借り入れができなくなってしまうのは、とにかくお金を借りすぎているからです。収入が少なかったり、求める金額が大きすぎたりしても審査には落ちますが、問答無用で却下というのは本人の信用情報に問題があるからに他なりません。多重債務をしていたり、返済を滞らせていたり、要は金銭感覚にルーズになってしまっているからいけないのです。

 

申し込みブラックの状況は真面目な態度で返済をして、借金の量を減らすことができれば、自己破産をしているというのでもない限り一年もたたないうちに解除されることと思います。それまで堅実にすごし、耐えることで闇金を使う必要もなくなるのです。

 

住宅ローンの返済に困って消費者金融のカードローンを利用し、重なるローンの返済でさらに苦しくなって闇金融に手を出してしまう方がいます。そうなる前に問題を解決することが重要で、仮に闇金融から借りてしまったとしても闇金の正しい対処法で解決を進めてください。